レーベンハート 1

レーベンハートは、車好きなら誰でも知っているホイール名です。


レーベンハートとは愛知県松山市に本社を構える株式会社タケオプロジェクトの大ヒットホイール商品名です。


レーベンハート シリーズは、日本に留まらず、北米などでもレーベンハート装着車が非常に多く走っていて、ある意味、レーベンハートの装着率は日本よりも高いのではと思ってしまうくらいだそうです。


レーベンハートは、ラグジュアリー感がタップリと出ていて、
何よりも圧倒的な存在感が一番の大きな魅力です。


モチロン、レーベンハートは価格もそれなりにします(笑)。


私の友人もシーマにレーベンハートを装着するかどうか、ずい分と悩んでいました。


ただ、その悩みは間違いなくレーベンハートがどうだとかではなく、レーベンハートを購入する資金をどうするかでした。。。(爆)


で、何とか悩みがクリアになった時、友人はレーベンハートを新品で購入しました。


本人にしてはかなり勇気がいった行動だったようです。


しかし、レーベンハートを装着して本当に良かったとレーベンハートを購入してからもう既に1年も経っているにも関わらず友人は私に満足げに話しています。


レーベンハートには、装着した人にしか分からない、価格以上の満足があるのだと私は思っています。

レーベンハート 2

レーベンハートは価格以上に人を満足させるものがあると私は素直に思います。


私の友人はシーマにレーベンハートを装着しているのですが、
レーベンハートを装着してからは、良く人に見つめられると言っています(笑)。


コレって普通の人には分からないかも知れませんが、車好きにはたまらない状態です。

レーベンハート、様様って感じで・・・(笑)。


私も車大好き人間なので友人のその気持ち、よ〜く分かります。


友人いわく、レーベンハートは、存在感と輝きが違うって言っていました。


最近は良く、レーベンハートのコピーみたいなホイールを良く見かけますが、ホンモノのレーベンハートと比べてしまうとやっぱり違いますね。。。


ホンモノのレーベンハートは細部まで丁寧にカッティングされたならではの輝きを持っています。


レーベンハートならではの特徴ですね。


レーベンハートはホイール1つ1つが丹念に作られている証拠でもありますね。


レーベンハートの魅力は他にもたくさんあります。


私の友人は、レーベンハートを語りだしたらホントに止まりません(笑)。

それ程、レーベンハートは、人を虜にしてしまうみたいです。

ホント、魅力的です。レーベンハートは。。。


レーベンハート 3

レーベンハート装着車を見ていると、レーベンハートの価格的なものもあるとは思いますが、高級車や高級スポーツカーがやっぱり多いですね。


レーベンハートと同じ輝きが出る車でないと、やっぱせっかくのレーベンハートが映えないですもんね。。。


レーベンハートはホイールサイズも多くは、19インチからになっていますので、逆にレーベンハートを装着出来る車はそれなりの大きさの車に限られてきてしまいますね。


レーベンハートがシッカリ映える、大きな車がレーベンハートのターゲット車だと言えますね。


また、レーベンハートは、高級車や高級スポーツカーだけでなく、ハリアーやムラーノ、ランクルなどの高級4WDにもなかなか合います。


たまにレーベンハートを履いた高級4WDを見かけるのですが、
4WDとレーベンハートはなかなかオススメです。


4WDならではの存在感とレーベンハートの存在感が醸し出す、絶大な圧倒感は、それこそ人の目をくぎ付けにしてしまうほどです。


そんなレーベンハート、つい最近、レーベンハートLE1と言う新商品を発表しましたね。

LE1はある意味、レーベンハートの集大成と言えるほどの出来だと私は思います。


最近では若者だけでなく、大人の方もレーベンハートを装着している車に乗っているところも見かけるようになりました。


レーベンハートは今後もますます流行っていく予感がしている今日この頃です。。。